見る・触る・嗅ぐ・食べる・聞くの五感で解答!体験型ご当地検定

たいない検定

たいない検定とは

たいない検定」は、胎内市の自然、歴史、文化、食、観光などの分野で、あなたの「胎内理解度」をはかる検定試験です。
まちづくりも教育も観光も、胎内市をもっと深く知ることから。検定試験を通じて楽しく学び、胎内の魅力を発信し、次世代に語りついでいきたい。
そんな思いから現在「たいない検定実行委員会」では平成22年10月に第一回の検定を実施しました。
 そして、胎内検定、略して「胎検(たいけん)」は、 体験型の検定として、誰でも参加できて、見たり食べたり体験しながら、楽しく学べるイベント型のご当地検定を目指します!
   やらにゃん
 

たいない検定が目指すもの

胎内検定が目指すのは「オンリーワンのまちづくり」です。 言葉では簡単に言えますが、「オンリーワン」とは、どのような状態なのでしょうか?日本語に訳せば「唯一」「どこにもな い」となりますが、具体的にどうすれば、「オンリーワン」になるのでしょう?
胎内検定のキーワードは、「誰でも、楽しく、違いを、胎検!」です。
この中の「違い」にヒントがあると思います。胎内検定で、胎内の魅力を知り、その「違い」を言葉にすることができれば、今度は逆にその「違い」を創り出すことはできないでしょうか?
そんな「違い」を語れる・創り出すことができるまちになれれば、それはどこにもない

「オンリーワンの胎内市」です。


地域活性化に繋がる展開

地域活性化・観光振興につながる展開!
地域資源は活用してこそ!
胎内検定発の地域活性化!
今後、さらに議論を深め
事業化できるものを探っていきます!

やらにゃん

↑ PAGE TOP